小松市が平和首長会議に加盟しました

 小松市が平和首長会議に加盟しました

 平和首長会議ホームページの5月1日付新着情報に石川県小松市(和田慎司市長)など「新たに14自治体が平和首長会議のメンバーに加わりました。これにより、加盟都市数は世界161か国・地域7,042となりました」と掲載されました。

 非核の政府を求める石川の会が発行した『非核・平和の自治体づくり 2016年4月版』に詳しく掲載したように県内自治体の平和首長会議加盟は2008年の野々市町から始まり、毎年増加し、5月1日現在で17か所(加入率89.5%)となり、未加盟は加賀市、能美市の2市になりました。【別表参照】

石川県各自治体の平和首長会議加盟の推移
(2016年5月1日現在)
加盟年 自治体名 加盟累計
2008年  野々市市(注) 1
2009年  内灘町、金沢市 3
2010年  珠洲市 4
2011年  七尾市 5
2012年  かほく市 6
2013年  川北町、志賀町、中能登町 9
2014年  津幡町 10
2015年  白山市、羽咋市、宝達志水町、能登町、輪島市 15
2016年  穴水町、小松市 17
(注)野々市町は2011年11月に野々市市に移行した
<未加盟自治体>加賀市、能美市

 

 県内自治体の100%加盟が目前になりました。本会では今年も5月に「2016年度平和事業に関する自治体アンケート」を行い、全自治体の平和首長会議加盟とともに各自治体における非核・平和行政の拡充を要請していきます。

 

 

 

会報 非核・いしかわ

絵手紙コーナー

広島被爆絵画

石川の会・沿革