2016年 11月

 非核の政府を求める会の結成から30年、全国各地の会は非核平和宣言自治体の拡大、非核平和自治体行政の前進を粘り強く探求しています。

 国際政治では核兵器禁止条約の交渉が目前の政治日程にのぼっています。「核兵器廃絶ヒバクシャ国際署名」を軸に、被爆国日本の草の根から、核保有国と日本など核依存国政府を包囲する世論形成がいよいよ重要となっています。

 12月3日、東京・四谷・主婦会館で開催される「非核の政府を求める会30周年記念シンポジウム」にて、石川県における「非核・平和の自治体づくり」につき、神田順一事務局長が報告します。ご期待ください。

 

12-3-%e3%82%b7%e3%83%b3%e3%83%9d%e3%82%b8%e3%82%a6%e3%83%a0%e3%83%bb%e3%83%81%e3%83%a9%e3%82%b7

 案内チラシ 印刷用PDF: 787 KB

   非核の政府を求める石川の会は、会報「非核・いしかわ」第220号(2016年11月20日付)を発行しました。サイドメニューの会報「非核・いしかわ」、「絵手紙」も最新情報を追加しました。

●サイドメニューの「非核・いしかわ」紹介をクリックすると、A4判にリニューアルした第150号(2011年1月20日付)以降のバックナンバーをすべて閲覧できます。

●サイドメニューの「絵手紙」をクリックすると、第159号(2011年10月20日付)から掲載している金沢医療生協絵手紙班の作品をすべて閲覧できます。