非核の政府を求める石川の会 30年史を発行しました

                                                                                             目 次

40周年に向けての提言                 代表世話人 井上英夫   2

今こそ核兵器廃絶を                  代表世話人 五十嵐正博  3

若い世代に引き継ぐ                         原 和人   4

非核の政府を求める石川の会 30年の歩み(年表・ダイジェスト)           5

宣言推進の力―情勢の発展と会の評価の高まり            森  昭   7

非核の政府を求める石川の会 その後の10年の歩み(年表)                  9

核兵器禁止条約の要点                                                     14

非核自治体運動の多様な活動と前進の展望               神田順一    15

【資料1】県内自治体の平和首長会議への加盟推移                            21

【資料2】2018年度平和事業に関する自治体アンケートの集計結果          22

【資料3】県内自治体の平和祈念碑、宣言塔、標柱、懸垂幕                   25

結成総会から第30回総会までの総会記念事業一覧                             27

結成総会(1988年)及び第30回総会(2018年)選出役員名簿              30

非核の政府を求める石川の会 設立趣意書及び運営要項                  32

団体会員・友誼団体からのメッセージ                                        34

30年史発刊にご協力頂いた団体名                                         37

2018年6月23日(沖縄慰霊の日) 平和の詩「生きる」                40

編集後記                                                                   41

  *本文中の絵手紙は、会報「非核・いしかわ」に毎号掲載している金沢医療生活協同組合・絵手紙班の皆さんの作品です。

【編集後記より】

 非核の政府を求める石川の会では10年史、20年史を発刊しており、「その後の10年の歩み」を中心に30年史の編集をおこないました。節目の年における「年史づくり」は、これまでの活動を検証し、記録することにとどめず、さらなる飛躍、確かな展望を切り拓くための大事な取り組みです。この年史づくりを通じて、石川の会の存在意義を再確認するとともに次世代を担う人たちへの道標となることを願っています。(神田順一)

 

 

 

会報 非核・いしかわ

絵手紙コーナー

広島被爆絵画

石川の会・沿革